胃酸過多に良い食べ物、避けたい食べ物

胃酸過多に良い食べ物、避けたい食べ物

👉胃炎の悩みに効果!【イツラック】

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain

こんにちは、たなかあきらです。
僕は胃酸過多に十年来苦しんでいます。
胃酸過多になって何がつらいかと言いますと、やはり食べることです。
食べると胃酸がドバっと出て、ひどい胸焼けが起こります。ひどい時は胃酸が逆流して喉もやられたり、吐き気や下痢まで起こしてしまいます。

食べたら苦しむ!という思いが強くなり、好きなものを存分に食べれませんし、食べること自体の楽しみが随分と薄まっています。

胃酸過多にとって良い食べ物は何だろうか?
胃酸過多にとって悪い、避けるべき食べ物は何だろうか?

これを知って実行することにより、胃酸過多が和らぎ症状を軽減できないかと思い、記事にまとめました。

もちろん、食べ過ぎ飲みすぎはNG

食べ過ぎ、飲み過ぎは大量の食べ物を消化せねばならず、よく噛まない・早食いも消化には良くないため、胃にも大きな負担がかかり大量に胃酸も出ます。

食べ物や飲み物の内容をどうこう言うより以前に、適量の食べ物や飲み物をよく噛んでゆっくり食べる習慣を身につける、この点がとても大事ですね。

胃酸過多が避けるべき食べ物、飲み物

胃酸過多に悩む人が避けた方が良い食品と、料理の例をご紹介します。
・食物繊維が多いもの(消化が悪い)
・油っこいもの(消化が悪い)
・香辛料、辛いもの(胃を刺激する)
・アルコール、炭酸、コーヒー(胃を刺激する)
・甘いもの、塩辛いもの(胃を刺激する)

などが挙げられます。
チャーハン、油の多い肉、キムチ、カレー、から揚げ、コーヒー、ビール、ケーキ・・・・

f:id:t-akr125:20180201223743p:plain

胃酸過多が避けた方が良い食べ物は、

どれも旨いものばかりではないか!
僕の好きなものが多いではないか!

トホホ・・・

避けたいもの避けたい食品、料理例
食物繊維が多く硬いものたけのこ、きのこ、海藻、ごぼう、セロリなど
脂っこい、油っこいもの脂身の多い肉、油を多く使う料理(炒め物、チャーハン、天ぷら、揚げ物)
香辛料、調味料を多く使うもの唐辛子、コショウなど、キムチ、カレーなど
アルコールビール、お酒類(特にストレートは禁物)
刺激する飲み物カフェイン系(コーヒー、紅茶、緑茶など)、炭酸飲料
塩分の高いもの塩辛、漬物など
甘みの強いものあんこ、まんじゅう、ケーキなど
酸味の強いものお酢、かんきつ類、

コーヒー好きにとって、コーヒーを断ちたくはないので、本当はブラックコーヒーを飲みたいのですが、ミルクを多めに入れてゆっくりと時間をかけて飲んでいます。

カレー、から揚げ、チャーハン・・・などは、食べ過ぎに気を付け、ものすごくよく噛んでゆっくりと食べるようにしています。

胃酸過多に良い食べ物・飲み物

胃酸過多に良い食べ物・飲み物の一覧

胃酸過多で悩む人にとって、良い食べ物や飲み物は、先ほどの避けたほうが良い食べ物とは逆で、胃に負担の掛けない消化の良いもの、胃に刺激を与えないものになります

・食物繊維が少ないもの
・油っこくないもの
・消化の良い穀類
・乳製品、卵類
・果物

などです。

良いもの胃酸過多に良い食品、料理例
食物繊維が少ないもの青菜、にんじん、じゃがいも、ほうれん草、キャベツ、白菜、ブロッコリー(新芽)
脂っこくないもの鶏ささみ、白身魚(たらかれい等)、野菜や魚の煮物、煮びたし
消化の良い穀類おかゆ、うどん、食パン(全粒粉はダメ)
乳製品牛乳、ヨーグルト、チーズ、プリン
卵類半熟卵、卵とじ、茶碗蒸し
果物類りんご、バナナ

この中で、ヨーグルト、キャベツ、ブロッコリー、タウリンを含む食べ物は胃酸過多の症状を和らげる効果が期待できるので、簡単にご紹介します。

ヨーグルトが良い理由

ヨーグルトは、良質のたんぱく質、乳酸菌、カルシウム、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれており、少量で栄養が取れます。
ヨーグルトに含まれる乳たんぱくの一部は、乳酸菌の働きでアミノ酸に分解されるため、消化されやすいです。
肉や魚などのたんぱく質と比べて、脂肪が少なめなので、消化しやすいし、乳脂肪は他の脂肪よりも消化されやすい特徴があります。
食べやすいですし、胃に負担をかけずに程よい満足感が得られます。

キャベツも胃酸過多に良い

キャベツは食べる胃薬とも言える食品で、キャベツに含まれるキャベジン(ビタミンU)は、胃粘膜の保護・修復を促進します。
キャベツを切ったりかみ砕いたりすると、キャベツに含まれる酵素の働きで、「リゾホスファチジン酸(LPA)」ができ、細胞を増殖させて胃の修復を促す効果があります。
キャベジンが含まれるものはキャベツ以外に、レタス、パセリ、アスパラガス、ブロッコリー、青のり、さらには牛乳やヨーグルトにも含まれています。

ブロッコリーやタウリンも効果が期待

ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)には「スルフォラファン」が含まれており、抗酸化力が強いです。このため、ピロリ菌の量が減り、ピロリ菌による胃炎が改善されることも確認されています。

栄養ドリンクに含まれるタウリンはピロリ菌による胃炎や胃かいようを抑える働きや、アルコールやストレスなどで弱った胃の細胞を延命させる効果があります。食品ではいか、たこ、かきに多く含まれています。

👉この記事の参考書籍

食材のまとめ一覧表

食材ごとに、胃酸過多に適した食品、避けたい食品に分類しましたので、こちらも参考にしてくださいね。

分類適した食品適した料理例避けたい食品・料理例
穀類やわらかいご飯、うどん、食パン、マカロニお粥、雑炊、煮込みうどん炒飯、赤飯、もち、玄米、全粒粉のパン、菓子パン、
ラーメン、スパゲッティー
魚介類白身魚(たら・かれい・たい等)、
はんぺん、かき
煮魚、蒸し魚、鍋料理干物、塩辛、いか、たこ、貝類、えび、クラゲ、脂の多い魚(うなぎ等)
肉類脂の少ない肉類
(ささみ、とり皮なし肉、赤身肉など)
つくねの煮物、ひき肉そぼろ煮、
すり身の団子、鶏ささみ、
赤身肉のしゃぶしゃぶ
焼肉、脂の多い肉(ロース・バラ)、ハム、ベーコン、 豚カツ
卵類卵豆腐、卵とじ、半熟卵、茶碗蒸し生卵、かたゆで卵
大豆製品豆腐、ひきわり納豆湯豆腐煮豆、五目豆、枝豆(豆の皮)、生揚げ、おから、油揚げ、がんもどき
乳製品牛乳、ヨーグルト、チーズポタージュスープ、プリン、
ホットミルク
生クリーム
野菜・いも類
果物
繊維の少ない野菜(ほうれん草、白菜等)、
カボチャ、ブロッコリー、じゃがいも、
さといも、ながいも、バナナ、りんご
煮浸し、やわらかい煮物、
マッシュポテト
繊維が多く硬い野菜類(たけのこ、ごぼう、れんこん、セロリ等)、
たまねぎ、ネギ、にんにく、とうもろこし、きのこ類、海藻類、漬物、
パイナップル、柿、ドライフルーツ
油脂類バター、マヨネーズ、マーガリンラード等動物油脂、揚げ物、フライ、天ぷら、ピーナッツ
ごま(すりごまはOK)

参考記事:食の健康コラム、 調子の悪い時の食事 など

👉胃炎の悩みに効果!【イツラック】