なぜピロリ菌除去したのに胃酸過多がひどくなったの?原因と取組み中の対策

なぜピロリ菌除去したのに胃酸過多がひどくなったの?原因と取組み中の対策

👉 胃炎の悩みに効果!【イツラック】

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain

こんにちは、たなかあきらです。

僕は30年以上も胃酸過多です。

胃酸がドバっと出ると、酷い胸焼けがしてとてもつらいです。

医者に行って胃カメラ検査をやっても、「少々胃があれてますね」と言われるくらいで、特に異常は確認されません。特に治療もなく、胸焼けで苦しいのに、市販薬を飲む以外に打つ手がなく、もどかしさが続いています。

数年前に、ピロリ菌が発見されました。胸焼けや胃の差し込むような痛みの原因の一つが、ピロリ菌によって胃の粘膜がダメージを受けていたのでした。

そこで、ピロリ菌を除去したところ・・・・

ものすごく胃が楽になりました。

ピロリ菌がいない胃って、こんなに清々しくて気持ちよいんだろうか!
まるで、これまで生きていた世界が変わったようでした。

しかし、そんな喜びもつかの間でした。

f:id:t-akr125:20181008115125p:plain

徐々に胃酸がじわじわと出始め・・・・

徐々に胸焼けが酷くなり始め・・・

あれっ、おかしいぞ・・・ピロリ菌を除去したのに、なぜ胃の調子がこんなに悪くなってくるのだろうか?

ついにピロリ菌の攻撃に苦しんでいた時より、胸焼けが酷くなったのです。

なぜ、ピロリ菌を除去したのに胃酸過多が酷くなったのか?
じゃ、どうすればよいの?

と言う点について、僕の経験と取り組んでいる点について書きました。

ピロリ菌の除菌後の天国から地獄

f:id:t-akr125:20180120144023p:plain

たしかにピロリ菌の除菌の効果は嬉しいほど、すごかったです。

「こんなに胃って軽かったの?」

と思うほど、シクシクと差し込むような胃の痛みはなくなり、別世界に生きるような爽快感を得ました。

食事もとても美味しく食べれるようになり、とても人生が明るくなりました。

胃のシクシク痛みがなくなっただけでなく、除菌後は胃酸も激減し胸焼けも全くなくなりました。

長年、胃酸過多にも苦しんでいたので、本当に嬉しかったです。

f:id:t-akr125:20180201223743p:plain

しかし、喜びもつかの間、数か月後には再び胸焼けが始まりました。最初は食べ過ぎかな、と思い胃薬を飲んで対処しましたが、胸焼けはひどくなるばかりでした。

胸焼けどころが、食事をしてしばらくすると、胃液がのどまで戻って来ることも、しばしば起こりました。

ピロリ菌が再び胃に戻ってきたのか?
と不安になってきました。

しかし、ピロリ菌が住んでいた頃のような、シクシクとした胃の痛みはありません。

ただただ胃酸過多が激しく、胸焼けがひどくなるばかりでした。

他の病気になったのだろうか?

と不安になりました。

ピロリ菌除去後の胸焼けの原因

実はピロリ菌の除菌で、胃酸過多が増える報告があった

f:id:t-akr125:20180201223717p:plain

胃の中のピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となりうる細菌で、胃がんのリスクも高まることが知られています。

このため、近年ではピロリ菌感染の検査や、ピロリ菌除菌を受ける人が増えています。

しかし、ピロリ菌の除菌の副作用として、逆流性食道炎の増加につながっているという報告があります。

今から20年前、十二指腸潰瘍の患者にピロリ菌除菌し3年間経過観察したところ、

ピロリ菌を除菌していない患者では逆流性食道炎が10%ちょっと現れたが、除菌した人ではその倍の数字となったことが論文で発表された。

僕と同じように、ピロリ菌の除菌をした人の中で、胃酸過多や逆流食道炎になる例がみられているのです。

●逆流性食道炎とは?
胃と食道の間にある下部食道括約筋の機能の衰えや胃酸過多などにより、胃酸や胃の中の食物が食道に逆流して食道粘膜を傷つける病気で、胸焼けや胸の痛みなどの症状が現れます。

胃酸が食道に逆流する原因 – 胸やけのお話

ピロリ菌を除菌すると、胃酸が増える原因は何でしょうか?

ピロリ菌を除菌すると、胃酸が増える原因

f:id:t-akr125:20180201223717p:plain

本来は、ピロリ除菌をすることで胃粘膜の細胞が修復して機能が回復するので、胃は健康になります。

ところが、ピロリ菌が胃のどの部分に感染しているかによって、除菌前後の胃酸の分泌状態の変化は異なるそうです。

・ピロリ菌の感染が小さく、胃の上部のみの場合

胃の上部のみピロリ菌が感染している場合、炎症を起こした部分の影響で胃酸が分泌されて、胃酸過多になっている場合があります。

ピロリ菌の除菌により炎症がおさまると胃酸の分泌もおさまり、胃酸過多や、逆流性食道炎が改善されることがあります(ひどくなる可能性は低いそうです)

※胃酸が分泌される場所は、胃の中心部(胃体部)です。

・ピロリ菌の感染が胃の中央部にまで広がっている場合

胃酸が分泌される胃体部が損傷を受けており、胃酸の分泌能力は低下しています。

ピロリ菌を除菌すると胃酸の分泌能力が回復するため、胃酸が増加して胃酸過多や逆流性食道炎を起こす可能性があるわけです。

f:id:t-akr125:20180204145436p:plain

この内容から、僕のピロリ菌の感染は、胃の上部だけでなく胃の中央部まで広がっていた。ピロリ菌を除菌したら、ダメージを受けていた胃酸分泌が回復して胃酸が増え、逆に胃の粘膜にダメージを与えてしまっている、と考えられます。

参考:ピロリ除菌後の胃食道逆流症・逆流性食道炎

まとめと対策

ピロリ菌は除菌したほうが良い

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain

じゃあ、胃酸過多で苦しむのなら、ピロリ菌の除菌はやめた方が良いの?

と思ってしまいますが、ガンのリスクを低減するためには、やはりピロリ菌の除菌はやったやった方が良いというデータがあります。

ピロリ未感染の胃粘膜に胃がんが発生することは極めてまれであることが明らかになっていることに加えて、未発表データではあるが、未感染胃では胃がんの進行しないことも示唆された。

以上より、今後、ピロリ未感染者の抽出することが重要であると考えられた。

厚生労働省(ヘリコバクター・ピロリ除菌の保険適用による胃がん減少効果の検証について国立国際医療研究センター)より

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000167150.pdf

やっぱりピロリ菌に感染したまま生きているより、除菌したほうが安心して過ごせます。僕は胃酸過多がひどくなり新たな苦しみが始まりましたが、ピロリ菌の除菌をしてよかったと思います。

でも、今の胃酸過多による苦しみからどう逃れたらよいのか?

市販薬を飲むのは良いですが、常に胃酸を抑える制酸薬を飲み続けるのは有効な解決策とは思えません。

胃酸過多の対策

今注目しているのは、ヨーグルト(乳酸菌)です。胃腸に有効に働く乳酸菌もあります。
ヨーグルトや牛乳は胃酸過多に良いの?その理由は?

現在、LG21乳酸菌を継続的に摂取しており、胃酸過多に効果が出始めています。随時公開していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、有難うございました。

👉 胃炎の悩みに効果!【イツラック】