お米を食べるとなぜ胸焼けがするのか? 原因と対策

お米を食べるとなぜ胸焼けがするのか? 原因と対策

👉 胃炎のつらい悩みに!【イツラック】

こんにちは、たなかあきらです。
お米を食べるとなぜか胸やけをする、という内容をYahoo知恵袋の書き込みで幾つも見ました。

僕もお米を食べると胸やけが酷くなる経験を、しょっちゅうしています。僕だけの悩みじゃないんですね。

なぜ白米を多く食べると、なぜか胃酸がたくさん出て、胸やけが起きるのだろう? 原因と対策を探ってみました。

お米を食べると胸やけがしませんか?

こんな内容の書き込みを、Yahoo知恵袋でよく見ます。 

食べ過ぎているわけではないのですが、昼食等の際におにぎりだけで食事を済ませると、決まって胃の辺りが重たくなります。

胃酸過多なのでしょうか?

毎回調子が悪くなると、困ってしまう・・・

お米、特に白いご飯を食べて、しばらくすると胃酸がドバっと出てきて、ひどい胸やけがするんですよね。僕も頻繁に起きています。なので、あまり食べれないことも多いです。

胸やけが起きると、すごい苦痛ですし、精神的にも滅入ってきます。

あまり繰り返し起きると、「また胃酸がでないだろうか・・・」と、お米を食べるのが怖くなってきます。

お米を食べると胸焼けがする原因

お米は消化が悪い

その理由を一言で表現すると、「炭水化物は胃で消化できない」からです。

お米、麺類、パンなどの炭水化物は、消化に良いと言われていますよね。 しかし 、そこが落とし穴のようです。

胸やけを引きおこす食物として,高脂肪食品だけでなく、「炭水化物」や甘味食が胸焼けの原因として、学術論文でも報告されています。
日本消化器病学会雑誌 102巻8号(2005)

胃袋ですべて食べたものが消化されるわけではなく、消化の段階が進むのは、タンパク質だけです。(ペプシンで消化される)

つまり、炭水化物などの糖質は、胃液では消化が進まないのです。( 脂質や繊維質も胃液で消化されません)

炭水化物は胃の中で消化されないため、長い時間(1時間以上も)胃の中にとどまり、その間、胃酸は出続けてしまうのです。

内視鏡による観察例

内視鏡による胃の中を観察した例があります。寿司を食べてお腹が痛くなって調べたところ、胃の中にはタンバク質のネタは消化されて見当たらず、消化されていない米ばかりが観察された、そうです。

内視鏡観察例:新しい創傷治療(夏井睦先生)

糖反射で胃が止まる

また、炭水化物などの糖質を多く食べると「糖反射」といって、食物と胃液をよく混ぜ合わせる動き(ぜん道)が弱くなって、胃の正常な動きも妨げられてしまう現象があるそうです。

学術文献例:糖反射について(基礎と臨休(1948)

つまり、お米、麺類、パンなど炭水化物は消化が悪く、胃の中で消化されないため、胃酸が出続ける!ということです。

原因が分かったところで対策は?

炭水化物は胃液では消化されず、長時間に胃の中に居座ってしまう。これが胸焼けの原因となる、ということが分かったところで、どのように対策を取ればよいのでしょうか?

・炭水化物を食べる量は控えめにする
・赤みの肉、卵、チーズ、魚を中心に食べる
・ヨーグルトを食べる
・ゆっくりとよく噛んで食べる
細かくかみ砕くと消化しやすく(例:お粥)、唾液とよく混ぜることにより麦芽糖にまで分解されるので消化しやすくなり、すすっと胃も通り過ぎるからです

ですが、忙しく、外食も多いビジネスマン、サラリーマンにとって、ゆっくりと炭水化物を避けることを考えながら食事をすることは、なかなか難しいです。

ぱぱっと、コンビニ弁当や、どんぶり、ラーメンなどを食べることが多いのではないでしょうか?
それで胃酸が出て胸焼けが起きてしまうので、市販の胃薬で何とか凌いでませんか?

市販の胃薬を飲むのは1つの手段ですが、副作用などもあり長く飲み続けることはできません。また、症状を抑えるのではなく、胃を正常に働かせて元気にして「予防と改善」が大切ですよね。

・自然生薬で飲み続けられる
・予防と改善の健胃剤
・スーッと気持ちよい清涼感

のイツラックがおススメです

詳細はこちら
👉 胃炎のつらい悩みに!【イツラック】